<< もうミニグレ発売してます! | main | メガホビEXPO出展します! >>

スポンサーサイト

  • 2009.06.24 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


スタッフ紹介!ぼくモデラくん!

今日は閑古鳥のお詫びに2エントリー目!

ついでに造形室のようすでも。





もうすでに珍しいことでもないですが
アイアップでも3Dデータ切削で原型を作っています。
最近興味をお持ちの方がたくさん増えているみたいなので
そんなにたいしたことはしてないですが紹介してみようと思います!

こちらにおわしますはMODELA MDX-20。通称モデラくん。
この人、小さいのにすみには置けない働きぶりです。




今造形室でとっても役に立っているのはロボットや武器などのメカパーツ。
パーツ同士の勘合や変形機構など高い精度が要求されるような原型です。
これは手で作るにはすごい鍛錬がいるのですが、奴なら正確に削りだしてくれちゃいます。

モデラーが四苦八苦してプラバン工作しているところを
こいつなら0.1ミリ単位の切削も余裕です!

もちろん左右対称、拡大縮小も思いのまま。
刃物でのパーツ分割に泣くこともないんですね。

スキャン機能もあるので大まかに手で作ったものを取り込んでブラッシュアップすることもできます。

モデラくんがちょっと苦手な曲線は原型師が手作業で仕上げて最終的な原型になります。


それではためしにアイアップのロゴを作ってみましょう。
モデリング画面

こんな感じで3Dソフトでモデリングします。


材料の表面をならします

青いのはシルバーアクセサリーを作るときなど専用に使われる硬めのワックスです。
場合によってはレジンやABSを削ることもありますよ。

先端についているドリルに似たエンドミルという刃を
用途に合わせて付け替えて少しずつ削っていくのです。




こういう簡単な原型ならものの数時間で作ってしまいます。


できあがり!
あっという間にできあがりました!


社員が帰った後も夜な夜なちくちくガリガリやっていますよ。
うんうん、モデラくん偉いねえ。君は優秀なスタッフだラッキー
一晩中働いても給料は出ないけどな撃沈



これがあればプラモ素組みをかじった程度の私にもすごい造形ができちゃうじゃん!
なんて甘い考えがよぎりましたがそんなことはなく、
立体のセンスを鍛えるのは一筋縄ではいかないようです。

素人考えで設定通りの数値を入れればできちゃうんじゃないの?と思ってしまいますが
原型師さん曰く数値を入れてできたらここまで苦労してないよ、とのこと。
カッコイイとかカワイイとか心に訴えかける造形は数字じゃ割り切れないのでしょうか。

モデラーの山は私が想像していた以上に険しいぞ…。




メカ原型に対し、美少女フィギュアはまだまだアイアップならではの
スピードを誇る原型師さんの手作業に頼っています。

普段のお仕事は何度も実際にブツを目の前にしての途中チェックや修正が入ったり、
設定資料が出ていない新作アニメキャラを手探りで作り始めたりなどといったことも多いので
うちの会社の場合、手作業の方が何かと効率的なことがまだ多く、
通常導入にはまだ試験段階といったところでしょうか。


もしかしたらそのうちアイアップでも手作業とデジタル造形の割合が入れ代わる日が来るかもしれませんね。


もうすでにデジタルばかりになっているところなんかもあるそうですし、
モデラくんよりごっつい高性能な機械を導入されているところもあるそうですが、
ちょっとだけでも開発現場の空気が伝わったでしょうか?




次も時間の合間を縫ってスタッフ紹介などしていきたいと思います!

それじゃーまたね!

スポンサーサイト

  • 2009.06.24 Wednesday
  • -
  • 19:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク